拘留中に死亡 元警視正 退職金を差し止め処分 警察庁

広島

複数の女性に性的暴行を加えたとして逮捕・起訴され勾留中に自殺を図り死亡した元警視正について、警察庁が退職金の差し止め処分をしたことがわかりました。

中国四国管区警察学校の元警視正(58)は先月17日、勾留中に広島中央署のトイレで自殺を図りその後死亡しました。

関係者によりますと警察庁は元警視正の退職金について、遺族への支払いを差し止める処分をしたことがわかりました。

退職金は法律に基づいて支払われますが、在職中の懲戒免職などで支払いを差し止める規定があります。

警察庁は県警での在職中の退職金も支給しない方針で手続きが進められるということです。