広島ホームテレビは、2030年の実現を目指して国連が採択した、社会・経済・環境の課題解決の目標「SDGs」を達成するために行動します。
 
 私たちは1970年の開局以来、「地域に貢献するテレビ」という理念のもと、社会的課題の解決や環境保全に積極的に取り組んでまいりました。
 開局50周年を迎える今年は、「人と自然の共存」をテーマとした環境保全キャンペーン「地球派宣言」や、プロ・アマチュア問わず全てのアスリートを応援するスポーツ応援キャンペーン「勝ちグセ。」、地元企業で働く魅力を発信することで学生と企業をつなぐリクルートキャンペーン「未来会議@Hiroshima」などを通じ、SDGsの掲げる環境保護、健康福祉、教育の充実、経済活性化などの課題に取り組んでいます。

 テレビの強みである発信力・創造力を活かし、SDGsの認知を広げるとともに、県民と企業によるSDGsの取り組みを支援し、共に成果を享受できるよう、事業展開を通じて貢献してまいります。

2020年4月
株式会社 広島ホームテレビ

images

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標で、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットで構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

広島ホームテレビは、2021年5月、国連のSDGメディアコンパクトに加盟しました。

SDGメディアコンパクトは、貧困や気候変動などの社会課題の解決を目標に掲げるSDGsの達成にむけ2018年に組織されました。
国連はSDGs達成のためにメディアの役割は欠かせないと、世界中の報道機関とエンターテイメント企業に参加を呼び掛けています。