勾留中の警視正死亡 当時の監視態勢を県警が調査 広島

広島

警察署の留置施設で勾留中だった警視正の男が死亡したことについて、警察は当時の監視態勢が十分だったか調べています。

中国四国管区警察学校の警視正だった被告の男(58)は17日夜、広島中央警察署の留置施設内のトイレで意識不明で見つかり、その後死亡しました。

警察によりますと被告が自殺の恐れがあるなどとして「特別要注意者」に指定し監視強化の対象としていたということです。

捜査関係者によりますと、死亡した日も普段と変わらない様子だったということです。

警察は当時の監視態勢が十分だったか調べています。

死亡した被告は、マッチングアプリで知り合った女性5人に性的暴行したなどの疑いで4回逮捕されていて、いずれも容疑を否認してしました。