広島ホームテレビ

見通しよい国道で…「飛び出してきた」軽自動車にはねられ男性死亡 広島・廿日市市

広島

11日夜、廿日市市の国道で60代の男性が軽自動車に
はねられ死亡する事故がありました。

11日午後11時半ごろ廿日市市上の浜2丁目の国道2号で
道路にいた角本敦さん(63)が軽自動車にはねられる事故がありました。

角本さんはその場で死亡が確認されました。

軽自動車を運転していた男性(23)にけがはなく、
通報時「飛び出してきた歩行者をはねた」と話していたということです。

現場付近に横断歩道や信号機はなく見通しの良い道路で
警察が事故の詳しい原因について調べています。

今年、県内で交通事故によって亡くなった人の数は10人となりました。