ニュース・報道

涙…ホテルニューヒロデン47年間の歴史に幕 広島

広島

「ありがとうございました」
「寂しいですね」


1月31日、惜しまれつつも47年間の歴史に幕を下ろしたホテルニューヒロデン。
建物の老朽化が進み耐震化工事が必要なことに加え、新型コロナの影響で売り上げがおよそ9割減ってしまい閉館を決断をしました。


ホテルニューヒロデン 佐々木亨総支配人
「まだまだできたのではないかと思います。新型コロナウイルスで業績がやはり想像以上に悪化しましたので、本当にそれに関しては残念な思いです」


観光客も減り、宿泊客はわずか数組にとどまる日が続いていました。
しかしこの日、ホテルのロビーには最後の思い出を残そうと多くの人が集まりました。


47年間の歴史を走り抜けたホテルには様々な思い出が残りました。


1982年にはドラマ「西部警察」の撮影で石原軍団やスタッフがホテルに宿泊したといいます。


28年前にホテルニューヒロデンで結婚式を挙げた夫婦は…
結婚式をあげた夫婦
「私の父が広電タクシーにいて、その関係でお世話になろうかなと思って私が勝手に式場を選んだ。そうしたら父がびっくりして、まさかここを選ぶとは思わなくてすごいよろこんだ。(閉館を聞いて)すごい寂しかったです」


現在、活動を休止しているアイドルグループのメンバーも…
アイドルグループ元メンバー
「ここでいっぱいランチショーだったりディナーショーだったり、たくさんショーをやらせていただいてお世話になったんで」

「もう寂しいです本当に、きょうも久しぶりに来させてもらったんですけど、その時のこととか思い出して感動した。ここでやってもらったなとか最後来てよかったなって思いました」


活動休止の際にはホテルからサプライズでメッセージももらったということです。


47年間、積み重なった思い出。


ホテルニューヒロデン 佐々木亨総支配人
「この47年間、無事にホテルとして仕事を終えることができまして、本当に感謝に堪えません。最後のこの日まで、この従業員のみんなと最後まで仕事ができたことが自分にとって本当に宝物のように思います」


閉館後の建物の活用方法は決まっておらず、今後検討していくということです。