ニュース・報道

感染者増 広島県「ステージ2」に引き上げ 新型コロナ

広島

新型コロナの感染者が県内でも急増しています。
福山市では職場内でクラスターが発生しました。


福山市によりますと会社内で11人が感染しその家族2人の感染も判明、関連する患者は13人となりました。


その中には中学生や保育園児も含まれていて2人が通う向丘中学校と水呑立正保育所は消毒作業などのため臨時休校となりました。


現在、濃厚接触者などの調査を行っていて再開の時期は決まっていません。


県内ではこの週末の2日間で48人の感染が判明。
1日の発表としてはこれまでの最多人数に迫る勢いです。


これまでに広島市6人、県で1人、福山市で3人の計10人の発表がありました。


こうした状況を受け県は新型コロナの本部員会議を開きました。

湯崎知事は「ステージ1からステージ2に引き上げることといたします。より厳しい行動制限を検討することになるステージ3へ移行させないためにこれ以上の感染拡大を最小限に抑え込む必要がある」と話しました。


会議では「急激に感染が拡大する可能性がある」とする専門家の評価が報告され、ステージの区分を4段階で最も低い「1」から医療への負荷がかかるとされる「2」に引き上げました。


また、不要不急の外出自粛を要請している地域や直近の新規感染者がステージ3相当の地域への往来ついては、その必要性を十分に検討し慎重に判断してほしいと呼びかけました。