ニュース・報道

福山市で3人三原市で1人の感染確認 新型コロナ

広島

県内の新型コロナウイルスの感染者、きのう福山市で3人確認されたほか三原市でも20代の1人の感染が確認されています。


福山市で感染が確認された3人のうち2人は70代ですでに感染が確認されている市内の飲食店「旬菜食彩 てっせん」の来店客の同居家族です。


これで飲食店に関係する感染者は8人となり市はクラスターが発生しているとの認識を示しました。


もう1人は医療機器の販売などを行う「五洋医療器」に勤務する60代の男性です。会社によりますと社外にも接触した人がいる可能性があることから社名を公表したということです。市は行動履歴や濃厚接触者などを調査するということです。


このほか三原市でも20代の1人の感染が確認されました。休暇で県外に出ていた20日に発熱や味覚障害などの症状があらわれたということです。三原市に戻ってから県内の医療機関を受診しきのうPCR検査で陽性と判明しました。感染経路はわからないということです。


県は新たな公表基準に沿い性別や職業は公表しませんでした。県によりますと味覚に異常があるものの症状は安定していて、きょう感染症指定医療機関に入院したということです。


これで県内の感染者は262人になりました。