ニュース・報道

原爆資料館が6月1日に再開 整理券配布し入場制限も

広島

全国での緊急事態宣言の解除を受け、原爆資料館など広島市の施設が29日から順次、再開します。


2月末から臨時休館していた原爆資料館が、全国での緊急事態宣言解除を受けて来月1日に再開することが決まりました。感染防止対策として入口での検温や消毒を行うほか、整理券を配布し1時間あたりの入館者を200人に制限。同一世帯を除き1グループ4人までの入場を呼び掛けています。


また、広島城も来月1日の再開が決まるなど、広島市の施設は29日から順次条件付きで全面開館となります。