ニュース・報道

休業協力支援金 これまでに1万3千件超の申請 広島

広島

県の休業要請などに応じた事業者に支給される協力支援金。これまでに1万3千件をこえる申請がありました。


県によりますと申請件数は1万3583件で、そのうちの24%にあたる3293件にすでに協力支援金を支給したということです。支払われた額は8億5400万円余りとなっています。


県は休業要請などに全面的に協力した事業者を対象に、雇用の有無や店舗数に応じて10万円~50万円の協力支援金を支給しています。


湯崎知事は「90人態勢で作業を進めていて、できるだけ早く実際に支給していきたい」と話していました。


県は申請が現在も相次いでいることなどから、期限を1週間延ばし、来月8日までとしています。