ニュース・報道

「コロナだった奴と話をした」と言い金融機関でせき 男を逮捕 広島

広島

三次市の金融機関で「この前までコロナだった奴と話をした」と言い、咳などをして業務を妨害した疑いで男が逮捕されました。

佐村博容疑者(72)は、今月15日、三次市三良坂町の金融機関で「わしは今熱があるんじゃ、ついこの前までコロナだった奴と話をしたけえの」と言い咳をするなどして、職員に消毒作業や保健所への連絡を余儀なくさせた威力業務妨害の疑いがもたれています。

警察の調べに対し「コロナという文言を使ったかどうかはっきり覚えていない」と容疑を否認しています。
佐村容疑者に症状はなく、警察はコロナウイルス感染者との接触の事実があったのかを確認するほか動機などを捜査しています。