ニュース・報道

広島県 休業要請の大半を解除へ 飲食店の制限も緩和

広島

緊急事態宣言が解除されたことを受け県は夕方にも幅広い施設の休業要請を解除する方針です。

広島市中区の流川通りではきのうも多くの店が休業を続け人通りもまばらでした。

県は、休業要請について専門家などの意見を聞いたうえで幅広い施設で夕方にも解除する方針です。

対象は県が定める「レベル2」に該当するデパートや学習塾、キャンプ場などです。

「レベル1」に該当する一部施設も含まれる見通しですが、スナックやスポーツクラブなど全国でクラスターが発生した施設などは引き続き休業要請の対象とする方針です。

また、居酒屋や飲食店の営業時間の制限をなくし午後7時までとしていた酒の提供は午後10時までに緩和される見通しです。