広島ニュース・報道

新型コロナ 事業者のための相談窓口 広島

広島

新型コロナウイルスの影響で経営が困難になっている事業者のための相談窓口が県庁に設置されました。

県庁東館に設置されたのは新型コロナウイルスの影響を受け経営難など問題を抱えた事業者のための相談窓口です。

県と商工会議所などが合同で設置し資金繰りや雇用などの相談に対して経営指導員が直接対応します。

県商工労働局経営革新課・和田徹課長「企業の状況に応じてどういった支援策が活用できるか相談に応じられるし、申請にあたってどのような手続きが必要なのかもアドバイスできる」

窓口は土日祝日を含む毎日午前9時から午後5時まで開かれていて電話やメールでも相談を受け付けています。

また平日は地域の商工会議所などにも相談窓口が設置されるということです。