『鯉のはなシアター』 ~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ~


2018年4月 島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭で初公開
吉本興業と広島市地域を舞台に共同製作
全国に発信

広島ホームテレビは、吉本興業株式会社と共同で、地域発信型映像作品の製作を行います(広島ホームテレビは協賛・制作)。
本作品は、2009年より沖縄で開催されている、島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭への出展が決まっており、作品を通して、広島市の街や文化、そこに暮らす人々を広く全国にアピールすることを目的にしています。
作品のロケ地は広島市内全域に決定、2018年3月より撮影を開始し、同年4月の映画祭で初公開の予定です。
題材はHOMEで放送している「鯉のはなシアター」から生まれた「小説 鯉のはなシアター」。
主演は大のカープファンで”カープ芸人”としても知られている、チュートリアルの徳井義実さん、ヒロインとして矢作穂香さんが出演します。


撮影日程

2018年3月1日(木)~10日(土)10日間

作品概要

タイトル:
『鯉のはなシアター』 ~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ~
地域団体:
広島ホームテレビ
制作:
広島ホームテレビ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:
2018『鯉のはなシアター 広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ』製作委員会
出資:
広島ホームテレビ
監督:
時川英之(ときがわ ひでゆき)
撮影地:
広島市内全域 ※全編広島市ロケ
作品公開予定:
2018年4月19日~22日
島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭での公開を皮切りに、広島や全国で公開
出演:
徳井義実(チュートリアル)、矢作穂香

チュートリアル・徳井

徳井義実(チュートリアル)

矢作穂香

矢作穂香