広島ホームテレビ

広島
北部
20℃/8℃
30%
南部
21℃/12℃
30%

ドキュメント広島「1000人の証言から見えた”避難の壁”」

images

ドキュメント広島「1000人の証言から見えた”避難の壁”」

―4年前にも70人を超える犠牲者を出し、その後、土砂災害警戒区域の設定などの対策を行っていたにもかかわらず、なぜ2018年7月に、悲劇は繰り返されたのか。取材で見えてきたのが、避難すべき状況で、避難しなかった、できなかったという「避難の難しさ」。言わば“避難の壁”だ。

comment

なぜ、避難しなかった? ~広島市7月豪雨避難行動に関する調査より~

被害に遭うとは思わなかったから53.3%
雨の降り方や川の水位から安全と判断したから38.6%
今まで自分の居住地域が災害にあったことがなかったから38.0%
避難するほうがかえって危険だと思ったから37.2%
近所の人は誰も避難していなかったから35.9%
いざとなれば2階などに逃げればよいと思ったから30.1%
テレビやインターネットの雨量や水位などの情報から安全と判断したから25.6%
避難場所での滞在が不安だったから16.3%
誰からも避難をすすめられなかったから13.3%
避難を考えたときには、既に危険な状況になっていたから6.8%
避難勧告や避難指示(緊急)が出たことを知らなかったから4.9%

7月豪雨災害における避難対策等検証会議
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1545352606280/index.html

「広島市 豪雨災害の避難における検証会議」のメンバー 広島経済大学 松井一洋教授(災害情報論)

comment
images

松井教授は、アンケートを大きく2つに分類する。
ひとつは「自己判断」。(全体の6割)
「雨の降り方や川の水位から安全と判断」「テレビなどの情報から安全と判断」などが、これにあたる。しかし、「被害にあうと思わなかった」「今まで居住地が災害にあったことがなかった」など「自分は大丈夫」と判断してしまう「正常化バイアス」による判断も多い。
もうひとつが、まわりに合わせてしまう「同調性バイアス」。(16%)
「近所の人が避難していない」「避難をすすめられなかった」といった項目があたる。
どちらのケースも「防災リーダー」が人間関係を作り、説得したり声をかけることが大切だとする。
一方、「避難所の課題」を感じさせた回答も多かった。(19%)
「避難するほうが危険」「避難場所の滞在の不安」などが、これにあたり、避難所の滞在しやすさや、避難場所へ行きやすくする工夫一時退避場所の整備などが求められるという。

インタビュー動画はコチラ

ドキュメント広島

本編限定配信 ドキュメント広島「1000人の証言から見えた“避難の壁”」前編・後編

4年前にも70人を超える犠牲者を出し、その後、土砂災害警戒区域の設定などの対策を行っていたにもかかわらず、なぜ2018年7月に、悲劇は繰り返されたのか。取材で見えてきたのが、避難すべき状況で、避難しなかった、できなかったという避難の難しさ。言わば“避難の壁”だ。

2018年12月29日 公開