広島ホームテレビ

広島
北部
27℃/22℃
60%
南部
27℃/24℃
60%

Masakism~キキコミ主義~

カープ・高橋昂也 復活に向けて

 

榮です!

みみよりライブ 5up!で私が取材し6月26日に放送した、カープ・高橋昂也投手の特集。

その内容をこのブログにも掲載します。

 

 

(みみよりライブ 5up!企画取材から)

左ひじの手術から約4カ月。現在リハビリ中のカープ・高橋昂也投手。6月中旬には、硬球を使ってネットスローを開始するなど、黙々とリハビリの日々を送っている。

2016年のドラフト会議で、カープから2位指名を受け入団。昨シーズンはプロ初勝利を挙げるなど、数少ない先発左腕として今後への期待は高まるばかりだった。一方、周囲の評価とは裏腹に、もがき苦しんでいた高橋昂也投手。苦悩は痛みとして体に現れた。「持病みたいなものでずっと(痛みは)あったが、特に強くなったのが秋ごろ。ピッチングができないぐらい痛みが出たので。」と手術を決断。背景には同期の存在があった。

「身近に床田さんのような人がいたのが大きかった。」

奇しくも同じ手術から復活した床田寛樹投手の活躍は、過酷なリハビリ生活の中で支えとなっていた。「無理せず一歩ずつ頑張ってほしい」。床田投手もそうエールを送る。

いかなる壁をも乗り越えようと意気込む高橋昂也投手だが、カメラを前に正直な想いも…。「今はどんな野球の試合でも見るのがつらい」。伸び盛りの若鯉が発した言葉は本音であり、私は大きくうなずいた。

 

葛藤の日々を送る20歳の左腕にエールを送りたい。