▼ 仕事のアスリートたち2021 – 澤 和輝 報道制作局 報道部

main

入社のきっかけ

photo地元である広島でテレビを通じてスポーツの良さを広めていきたいと思いテレビ局を志望しました。
また、ホームテレビはテレビ朝日系列であり、夏には熱闘甲子園など高校野球を取り上げた番組も放送しています。自分自身、大学まで野球をやっていたこともあり、将来は高校野球を取材したいと思ったことも志望理由の一つです。

こんな仕事をしています!

photo報道部に所属しています。いまは主に県警担当として、事件・事故が発生すると、現場に向かい取材します。毎日のニュース、番組内での特集コーナーも担当します。また、リポートして現場の状況を伝えるのも報道記者の大切な仕事の一つです。

私の1日

9:00

出社
この日は県警本部が入る県庁東館の記者クラブに直接出社します。
到着後は、何か事件が起きていないか確認します。

事件が発生すれば、県警本部にいる警察から情報を集めて、原稿を書きます。

お昼には各局のニュースをチェックします。
 

13:00
photo

この日は昼から事件現場へ。

目撃者に話を聞くなどして情報収集します。



photo

その後、集めた情報をもとに夕方のニュースに向けて原稿を書きます。

書いた原稿はデスクにチェックしてもらいます。

カメラマンさんとともに編集作業を行います。



photo

その日によってニュースが流れる時間帯が変わりますが、自分が書いたニュースはチェックします。

19:00~

番組終了後、次の日の取材をチェック・準備を行います。
その後、先輩方と飲みに行くことも、、

これだけは負けない!私の”勝ちグセ”

photo“休日の過ごし方”だと思います。
スポーツ観戦に、ゴルフに、お酒に・・・
社会人になってからより休日を大切に過ごしています。
休みの日にはとことん楽しんで仕事に向けてエネルギーをチャージしています。

社会人になって驚いたこと

photoいろんな人と関わる機会がすごく増えました。
職場の人もそうですが、取材先の人、在広局の同期などなど今まで関わることがなかった人たちと交流する機会が増え新鮮な日々を送っています。

未来の後輩に一言!

photo自分のやりたいことを今のうちにしておくことをおすすめします。
学生時代は先輩から常に言われ続けていましたが、いざ働き始めるとその言葉が身に染みてわかります・・・

先輩から一言

photo
澤君は実は高校の野球部の後輩なんです。
同じポジションでレギュラーを争ったこともあります。
そんな彼と同じ会社、同じ部署で仕事をしていることに不思議な縁を感じています。
 
名前が似ていて、入社したばかりのころはどちらかが呼ばれるとどちらも返事してしまうことが何度かありましたが、最近ようやく慣れてきました。
 
澤君は持ち前のまっすぐさ、体力で報道部でも貴重な戦力となっています。
県警担当記者として朝早い取材も夜遅くの取材も野球で鍛えた体力を武器に頑張ってくれています。
 
まだわからないことばかりだろうけど、いつか「特ダネ」という名のでっかいホームランを打ってくれることを期待しています。
一中魂みせてやろう。
 
【報道制作局 報道部 澤井健司】