広島ホームテレビ

広島県西部小瀬川水系の3つのダムで27日から取水制限 夏の少雨の影響

広島

夏からの少雨の影響が広がっています。広島県廿日市市や大竹市を中心に給水している小瀬川水系のダムの貯水率が落ち込み、27日から取水制限されます。

国や広島県で作る協議会によりますと、小瀬川の上流にある3つのダムの貯水率は、平均が77%ですが、26日現在46・4%に落ち込みました。

このため27日から、飲み水で5%、工業用水と農業用水で10%の取水制限を開始します。

26日の記者会見で広島県の湯崎知事は節水を呼びかけました。

広島県 湯崎英彦知事
「インフルエンザ等感染症の予防ために手洗いなどの対策はしっかり行っていただいた上で、限りある水資源を大切に使っていただきますようご協力をよろしくお願いいたします、」

小瀬川水系のダムは、廿日市市や大竹市を中心に水を供給していますが、取水制限による大きな影響はないということです。

広島県は江の川水系と小瀬川水系のダムが取水制限に入るため、渇水対策のレベルを、27日に「注意」から「警戒」に引き上げます。