広島ホームテレビ

アニメを参考に時限発火装置 保険金目的で放火の男 懲役8年の判決 広島

広島

探偵アニメを参考に制作した時限発火装置を使い、保険金目的で放火した罪に問われている男に広島地裁は懲役8年の実刑判決を言い渡しました。

被告の男(39)は懲役7年の判決が確定している兄(48)と共謀し、保険金3660万円をだまし取ろうと探偵アニメを参考に制作した時限発火装置を使い、親族が所有する住宅に放火した罪に問われています。

検察側が「被告が犯行を主導した」などと指摘し、懲役9年を求刑した一方、弁護側は「放火を指示した明確な証拠はない」などと関与を否定し、無罪を主張していました。

21日の裁判で広島地裁は「計画役として、ほぼ対等な立場で犯行に及んだ」などとして被告の男に対し懲役8年の判決を言い渡しました。