広島ホームテレビ

知人男性の遺体を切断…死体損壊・死体遺棄の容疑で男(31)逮捕「間違いありません」容疑認める 広島県警は殺人も視野に捜査 

広島

広島市の住宅で知人男性(当時70歳)の遺体を切断し投棄したなどの疑いで31歳のパート従業員の男が逮捕されました。

広島市佐伯区のパート従業員の男(31)は2021年10月29日から30日ごろにかけて
広島市佐伯区千同3丁目の住宅で男性(当時70歳)の遺体を刃物などで切断・損壊し、
一部を敷地内に埋め、一部を周辺の沿岸に投棄した疑いがもたれています。

男はこの男性と知人関係で、警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めています。

2023年4月30日に広島市佐伯区内の海岸で通行人の男性から「人骨みたいなものが打ち上げられている」と通報があり、
その後の捜査で2021年10月31日に行方不明届けが出されていた男性だとわかりました。

警察は捜査本部を設置し殺人容疑も視野に捜査を進めています。