広島ホームテレビ

船が転覆し男性2人が死亡 大崎上島町

広島

11日、大崎上島町でクレーン台船を係留する作業をしていた船が転覆し、乗組員2人が死亡しました。

呉海上保安部によりますと正午すぎ広島県大崎上島町の造船所から「船舶が浸水している」と通報がありました。

この造船所の沖でクレーン台船を係留する作業をしていた2人乗りの船がなんらかの原因で浸水し、転覆したということです。

この船に乗っていた保科 諭さん(54)、服藤 文孝さん(57)が心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、その後死亡が確認されました。

事故当時、波は比較的おだやかだったということで、呉海上保安部が事故の詳しい原因を調べています。