広島ホームテレビ

ウクライナ人記者「真実伝えるため活動続ける」 広島

広島

ウクライナのジャーナリスト2人が広島を訪れ、ロシアによる侵攻下で報道を続ける信念と葛藤を話しました。

広島市内で講演したのはウクライナ・ジャーナリスト連盟委員でキーウ特派員のセルフィ・シェフチェンコさんとジャーナリストの支援団体で会長を務めるリュドミラ・メーヒさんの2人です。

連盟によりますと、ウクライナの戦場で30人以上の記者が死亡。

編集部が襲撃されたり広告収入がほぼないなか、ページ数を減らして発行を続けたりする新聞社もあるということです。

セルフィ・シェフチェンコさん「私から伝えたいことは一つ、ウクライナでの戦争を風化させないでください。今もウクライナで戦争が続いていることを忘れないでほしい」

ふたりは長崎と熊本でも報告会を開き、今月末に避難先のコソボに帰国予定です。