広島ホームテレビ

来年3月オープン 旧市民球場跡地「ひろしまゲートパークプラザ」と命名 広島

広島

旧市民球場跡地に来年3月オープンするイベント広場の名前が決まりました。

その名は「ひろしまゲートパークプラザ」です。

旧市民球場跡地は屋根付きのイベント広場のほか飲食や物販の施設などを整備する計画で、来年3月オープンする予定です。

広島市はこの広場の命名権を公募していましたが、NTT都市開発が1年で1950万円で取得。

広場の名前は「ひろしまゲートパークプラザ」と名づけられました。

契約は来年3月から5年間となっています。

新しいライフスタイルに対応した求心力のある公園にしたいという思いを込めたということです。