女子生徒の靴を汚した疑いで逮捕 男性を不起訴処分 広島

広島

勤務先の学校で女子生徒の靴の中に自分の体液を入れた疑いで今月11日に逮捕された男性(28)について、広島区検は不起訴処分としました。

男性は去年11月、自身が勤務する西区の県立高校で下駄箱に置かれた女子生徒の靴の中に自らの体液を入れて汚した疑いで逮捕・送検されていました。
広島区検は20日「訴訟条件を満たしていないため」として不起訴処分としました。