広島ホームテレビ

EU大統領 13日に広島訪問 被爆者と面会など

広島

EU=ヨーロッパ連合のミシェル大統領が13日広島を訪問し、原爆資料館の視察や被爆者との面会に臨みます。

EUのシャルル・ミシェル大統領は、広島訪問に先立って岸田総理と会談し、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの制裁などをめぐり連携を強化していくことで一致しました。

広島市によりますとミシェル大統領は13日に広島市を訪問し、原爆資料館を視察したあと慰霊碑に献花する予定です。

また松井市長と懇談するほか、被爆者とも面会します。

ミシェル大統領の広島訪問は今回が初めてで、EU大統領の訪問は3年前のドナルド・トゥスク氏に続いて2人目です。