広島ホームテレビ

42年の歴史に幕! 安佐市民病院閉院

広島

42年間地元の医療を支えてきた安佐市民病院が、4月30日に最終日を迎え、引っ越し作業が行われました。

外来の受付を3日前に終了した病院ではベッドや医療器具など大量の荷物が次々と運び出されました。

また看護師らも出勤し、荷物を片付ける姿が見られました。

建物の南館は解体され、北館は回復期のリハビリを支える病院などが入る予定です。

新しい安佐市民病院は、JRあき亀山駅前で5月1日に開院し、5月6日から外来診療が始まります。