広島ホームテレビ

民間の救急搬送サービス始まる 広島

広島

医療機器を備えた車で、病院を転院するときなどに利用できる民間の救急搬送サービスが始まりました。

こちらの、車サイレンはありませんが車内には酸素や吸引機、心電図などの医療機器が装備されています。

病院を転院するときなどに救急車に変わって利用することを想定していて、寝たきりの患者も、医師の指示を受けた看護師が措置をしながら搬送できるということです。

一般社団法人HAWKCSR
高橋透理事長
「救急車が緊急性のあるもの重症な方を搬送するというこの2点が目的になりますので、重症でない方、緊急性がない方という方は民間で行えるんじゃないか」

医療機器を搭載した車は現在2台あり、広島市や海田町などでサービスを提供していくということです。