流川で“闇カジノ” 暴力団幹部の男を逮捕 広島

広島

広島市中区の歓楽街で「闇カジノ」が行われていた事件で、県警は暴力団幹部の男を逮捕し関係箇所を家宅捜索しました。

県警が捜索を行ったのは指定暴力団六代目共政会の関係箇所です。

共政会幹部の髙橋朋嗣容疑者※(48)は、中区流川町のいわゆる「闇カジノ」でインターネットを使って客にカードゲームやバカラ賭博などをさせた疑いがもたれています。

髙橋容疑者は調べに対して、「全く知りません」と容疑を否認しています。

この事件ではこれまでに4人が逮捕されていますが、県警は髙橋容疑者がこの4人の上位の立場だったとみて詳しい調べを進めています。

※朋の旧字体となります