広島ホームテレビ

「被害・加害の両面を」旧陸軍被服支廠 活用について要請 広島

広島

被爆建物の旧陸軍被服支廠の活用について、市民団体などが戦争の被害と加害の両面を伝える場所にすることなどを県に申し入れました。

要請を行ったのは原爆遺跡の保存を求めるグループなど3つの団体です。

旧陸軍被服支廠は被爆建物であるとともに軍需工場だったことから、戦争の被害と加害の両面を展示するコーナーを設けることなどを求めています。

原爆遺跡保存運動懇談会 高橋信雄副座長「原爆被害、軍都広島を代表する遺跡であるということがきちんと伝えることができるような活用の仕方を」

県が耐震化の方針を決めた3棟の活用をめぐっては、平和学や建築などの専門家による懇談会が開かれるなど議論が進められています。