広島ホームテレビ

マツダ「アクセラ」など約4万台リコール 走行中にエンストの可能性

広島

マツダは「アクセラ」など約4万台について、走行中にエンストする可能性があるとして、
国土交通省にリコールを届け出ました。


マツダによりますと、リコールの対象となるのは、2018年4月から2019年8月にかけて生産された
マツダの「アクセラ」や「デミオ」など9車種のガソリンエンジン車4万2644台です。
燃料ポンプの部品に問題があり、走行中にエンストするおそれがあるということです。

マツダにはこれまでに34件の不具合が報告されていますが、事故は確認されていません。
リコールの対象となる車のユーザーには、電話やダイレクトメールで知らせるということです。