広島ホームテレビ

ひろぎんHD中間決算 

広島

ひろぎんホールディングスが中間決算を発表し、上半期として2年ぶりの増益となりました。

ひろぎんHD 部谷俊雄社長「ホールディングス化をしましていわゆる銀行以外の事業会社の収益というものを強化してまいりましたが、中間期ですが、結果が出たということで大いに評価に値する」

去年設立されたひろぎんホールディングスの売上高にあたる連結経常収益は706億3000万円。
ひろぎんリースの完全子会社化などが貢献して純利益は計画以上の111億円を計上しています。
通期の業績予想についても純利益235億円と上方修正。
企業ニーズの変化に合わせた金融総合サービスを推進するとしています。
また子会社のひろぎんエリアデザインなどが休園中の「シトラスパーク瀬戸田」の活用事業候補者に選定されたということです。