広島ホームテレビ

マツダ 体調不良で自動停止する車を来年発売

広島

マツダは運転手の体調が悪くなった場合に自動で運転を停止するシステムを搭載した車を来年、発売すると発表しました。

このシステムは車内に取り付けられたカメラで運転手の目の動きや頭の位置を把握し異常があると判断するとアラーム音で運転手に知らせます。

反応がない場合はクラクションやウインカーなどで周囲に異常を知らせながら車を止め安全を確保します。

高速道路では左側の走行車線を走っている場合は路肩に停止し、一般道では少しずつ減速して停止するということです。

マツダはこの新システムを搭載した車を来年販売します。

さらに、体調不良などの予兆を検知するシステムの開発も進め2025年の実用化を目指しています。