広島ホームテレビ

広島県の集中対策が解除 繁華街ににぎわい戻る

広島

広島市を含む、広島県内の4つの市町の飲食店などに要請していた県の集中対策が、15日解除され、繁華街は久々に賑わいました。

中塚晃記者
「午後8時、中区の流川地区です。県の集中対策が解除されたきょう、多くの人や車が行きかっています。」

広島県は、急な感染再拡大を防ぐため今月1日から15日まで、広島市など4つの市町の酒を提供する店舗に夜9時までの時短営業を要請していました。

県内全域で時短営業が解除されるのは、約70日ぶりです。

飲食店を利用する男性客
「飲みに出たのは半年ぶりぐらい。(家で飲むより)外の方がもっとおいしい。」

流川通りにある、日本料理店では集中対策の解除で客足が戻ってくることを期待し、仕入れ量を1.8倍に増やしたというです。

瀬戸内料理 広起青木寛起 店長 
「みなさんもずっと我慢していたと思いますから、やっぱり飲みたいという思いがあるんじゃないでしょうか。第6波そしてコロナがなければいいですけどねあれが一番心配。」