広島ホームテレビ

大長レモン出荷始まる 広島・呉

広島

さわやかな香りが特徴の県の特産ブランド「大長レモン」の出荷が始まっています。

瀬戸内海の温暖な気候で育った緑色のレモン。農園はさわやかな香りで包まれています。

呉市豊町では県の特産ブランド「大長レモン」の収穫が始まりました。

冬の寒波で木が弱り生育が心配されましたが、9月以降、天候が良かったため大きく、玉太りの良いレモンに仕上がったということです。

(生産農家 楠律夫さん)
「レモンにとっては順調な年。香りの強いレモンを使って秋の夜長を楽しんでもらいたい」

JA広島果実連によりますと今年は広島レモン全体で4500tの出荷を見込んでいて県内を中心に全国のスーパーやデパートで販売されます。