広島ホームテレビ

電動のこぎりで作業中に…男性死亡 広島

広島

広島市東区の広島市森林公園で木材を切っていた70代の男性が、誤って電動のこぎりで右足を切り、死亡する事故がありました。

12日午後2時前、森林公園の林業体験広場で、70代の男性が木材を切っていたところ、誤って電動のこぎりが右足の太ももにあたりケガをしました。

男性は広島市内の病院に運ばれましたが、約2時間後に死亡しました。

市によりますと、男性は木の保全や体験学習を担うボランティアで、事故当時、この広場に客はおらず男性は5人程度で作業していたということです。

市が事故の詳しい原因について調べています。