広島ホームテレビ

コロナワクチンの大規模接種会場 ガラガラが一転 広島

広島

県内のワクチン接種。ガラガラだった県の大規模接種会場の状況がずいぶん変わってきているようです。

(花房吾早子記者)
「こちらのコールセンターでは、鳴りやまない電話の中、県から続々と届く情報にスタッフが忙しく対応しています」

福山市に設置された県の大規模接種会場。空きが目立った予約は11日午前第1期分の17日までがぎっしり埋まりました。

10日福山市の接種の対象が65歳以上に広がったため、急に予約が増えたということです。

(魚谷さん)
「かけてこられる方も結構必死で早くワクチンを受けたいという思いがありますので、間違いがないように確実に案内をするように心がけています」

福山市に設置された県の接種会場は、福山市、府中市、世羅町の65歳以上の人が対象です。

県は広島市でも22日、大規模接種を開始します。

一方、12日から75歳以上を対象とした集団接種の会場を増やす広島市。

12日からの2日間、11会場であわせて約1万2千人の接種分を見込んでいましたが、午後3時現在、予約した人は5千人弱にとどまっています。