広島ホームテレビ

ニュース・報道

フラワーフェスティバル 2年ぶり開催も一部で無観客 広島

広島

恒例のフラワーフェスティバルが2年ぶりに開幕しました。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一部の会場が無観客に変更されるなど規模が縮小されています。

花の塔には約8千鉢のカーネーションやペチュニアなどで紫や白のリボンがデザインされ医療従事者への感謝の気持ちが込められました。

フラワーフェスティバルは新型コロナウイルスの影響で去年初めて中止となり2年ぶりの開催となりました。

会場には例年160万人前後が訪れていますが、今年は感染対策のため平和大通りのパレードが中止されるなど規模が縮小されています。

またステージが設けられた旧市民球場跡地では、事前に予約した観客を入れる予定でしたが広島市内の感染者増加を受け無観客に変更されました。

フラワーフェスティバルは中区の会場で5日まで開かれ会場の様子はオンラインで配信されます。