ニュース・報道

集中対策期間 来月7日まで延長「広島市を緊急事態宣言に準じた対策を」広島県

広島

広島県は午後5時半から新型コロナ対策について本部員会議を開き県の集中対策期間を来月7日まで再延長することを決めました。

そのうえで国の対象方針に基づき緊急事態宣言に準じた対策を実施するとしました。飲食店への時短要請は市内全域に拡大されることになります。

湯崎知事は「広島市の感染状況は依然ステージ4にあるなど新規の感染者数は高止まりの状態を続けている現時点で減少局面に働いているとはいいがたい状況」と話しました。

県は広島市全域の飲食店に午後8時までの営業時間短縮を要請。
酒類提供は午後7時までとし、要請に応じた場合に支払われる協力金は緊急事態宣言が出された都府県と同じ126万円となります。