ニュース・報道

三次市で“新年会クラスター” 新型コロナ 広島

広島

新型コロナの感染が収まりません。13日広島県三次市では新年会などで2つのクラスターが発生しています。

広島県によりますと三次市では自宅の新年会に参加した13人のうち9人の感染が確認されました。
参加者は知人同士でマスクを着用していなかったということです。

また三次市内のスナックでは従業員1人と客10人のあわせて11人の感染が確認されました。
客の2人はクラスターが発生した新年会にも参加していたということです。
県は利用者が特定できているとして店名は公表せず残る9人の検査を行うとしています。

このほか呉市で新たに6人の感染が発表され県内の感染者は4220人となりました。