ニュース・報道

アップル社“偽造バッテリー”で逮捕 広島

広島

アップル社製品の偽のバッテリーを販売などの目的で所持していた疑いで福岡県の会社役員が逮捕されました。


井上正一郎記者リポート「こちらに並べられたバッテリー。すべて偽造だということです。アップルとの文字もあり素人目で見てもまったくわかりません」


押収されたバッテリーの中にはアップルのマークや文字が消されているものもありました。

逮捕されたのは福岡市に住む携帯の修理・買取店の会社役員油利寅生容疑者(46)と従業員の小田原治容疑者(61)です。

2人はアップル社の正規品に似たバッテリー242点を販売などのために所持していた疑いが持たれています。

調べに対し油利容疑者は「違法だと思いません」と否認し小田原容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。