ニュース・報道

高校生 ALS啓発で始球式 県立広島大学100周年イベントも

広島

尾道市の高校生が、難病のALSについて広く知ってもらおうと、マツダスタジアムでの始球式に臨みました。

コンコースでは、県立広島大学の100周年を記念する催しも開かれ、研究や学習の内容などを発表する展示が行われました。県立広島大学は、3つの大学が統合され誕生しましたが、その中のひとつ県立広島女子大学の前身は1920年の開校です。

【県立広島大学 山崎輝雄さん】「日頃やっている研究というのを垣間見ていただければ非常に我々としてもうれしいです」。

また、尾道市の御調高校によるALS啓発イベントでは、教頭先生が患者になったことをきっかけに始まった支援活動などが紹介されました。試合前には前生徒会長の角森巴海さんが始球式を行い、ALSについての理解を訴えました。