ニュース・報道

呉市 新型コロナに感染の80代が死亡 広島

広島

呉市は新型コロナウイルスに感染した患者1人が15日死亡したと発表しました。

亡くなったのは呉市内でコロナの感染が確認された80代の患者でこのほかの情報については遺族の意向で公表されていません。

呉市では1日に1回程度医療機関に入院患者の病状を聞き取っていてきのう昼時点では重篤や重症はいないと確認していました。

しかし、夜になって80代患者が亡くなったということです。

呉市の原垣内清治福祉保健部長は「新型コロナウイルスはまだまだわからないことが多くあるが高齢の方なので急変もあることをあらためて認識した」と話します。

これで新型コロナによる県内の死者は4人となりました。また、広島市では新たに20代の患者が確認されています。