ニュース・報道

広島電鉄 全路線の最終便を約30分繰り上げ

広島

広島電鉄は路面電車のダイヤを来月16日に改正し全ての路線の最終便を約30分繰り上げると発表しました。

対象となるのは宮島線を含む全ての路線で、来月16日から最終便が約30分繰り上げられるほか1割程度減便するということです。

広島電鉄によりますと新型コロナウイルスの感染拡大に伴い観光客や午後9時以降の乗客が減少、利用者が前年と比べ3割程度減少しています。

5月に緊急事態宣言が解除された後も客足が戻らないことから最終便の繰り上げなどを決めたということです。

一方、路線バスは午後11時以降の深夜便の廃止や減便などを1日から行っています。