ニュース・報道

河井克行被告 元秘書に動画撮影を指示「面白いことになる」

広島

公職選挙法違反の罪に問われている河井案里被告の裁判で元秘書の女性は案里被告と溝手氏が同席した際、克行被告に動画の撮影を指示されたと証言しました。

16日の裁判には参院選で案里被告の付き人をしていた元私設秘書の女性が証言にたちました。

元秘書は案里被告が現金を渡したとされる場所へは同行したものの離れた場所などにいたため「私は見ていません」と証言しました。

また、克行被告は「溝手側からいかに票を奪うかを考えていたと思う」と話し克行被告から溝手前参議院議員と案里被告が同席する際動画をとるよう指示されたと明かしました。

もし邪険な態度をとったら「関係者に配れば面白いことになる」などと話していたということです。

弁護側から案里被告へ伝えたいことがあればと促されると元秘書は、「代議士は案里先生にいい影響を与えているようには思えない、離婚されたほうがいいと思います」と述べました。

また、案里被告の弁護人は5度目の保釈請求をしました。今後、東京地裁がその可否を 判断することになります。