ニュース・報道

夫婦別姓訴訟 控訴棄却 広島高裁

広島

夫婦別姓を認めない民法の規定が憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、広島高裁は規定を違憲ではないとして原告の控訴を棄却しました。

この裁判は夫婦別姓を認めない民法の規定が「法の下の平等」を保障した憲法に違反するなどとして、広島市内の女性が国に損害賠償を求めていたものです。
一審で広島地裁は請求を棄却しましたが、原告が控訴していました。
広島高裁の横溝邦彦裁判長は「夫婦同氏姓を定める規定が婚姻することを事実上不当に制約するものとまでは言えない」などとして原告の控訴を棄却しました。

原告 恩地いづみさん「平等とは言えない状態でしか結婚できない。合憲であると言うにはあまりにも2人(夫婦)の違いは大きい」

原告側は最高裁に上告する方針です。