ニュース・報道

コミュニティハウスで団地活性化 広島

広島

住民が交流する場をつくり地域活性化につなげようと広島市の団地でコミュニティハウスの建設が始まります。


広島市東区で行われた地鎮祭には、企業や大学の関係者のほか近隣住民も参列し、工事の安全を祈願しました。


企業と学生が連携して数年前から進められている「SATONOWAヴェルコート牛田早稲田」と名付けられたプロジェクト。
地域住民が気軽に利用できるコミュニティハウスを新たに建設します。


昔ながらの長屋や古民家をイメージさせるデザインなど広島女学院大学の学生のアイデアを生かして実用化に結びつけました。


トータテ都市開発 川西亮平社長
「いよいよプロジェクトが始まるなとワクワクしている気持ちですね。新しい街をつくることによって地域、ここの周りの人たちも含めて発展していくような、そういった街をどんどんつくっていきたいなと」