ニュース・報道

広島県議会 コロナ対策719億円を可決

広島

広島県議会6月定例会は新型コロナウイルス対策を柱とした補正予算案などを可決し閉会しました。
県政界を揺るがす買収事件に関して触れることはありませんでした。

きょう可決されたのは一般会計で719億円余りの補正予算案などです。

国の臨時交付金の活用を見込み、新型コロナウイルス対策には708億円余りがあてられます。

コロナ対策として合わせて5度の補正予算で確保する事業費は特別会計を含めると1179億円にのぼります。

一方、河井容疑者夫妻による巨額買収事件に揺れる県議会ですが通常通り粛々と議案の審議が行われたのみ。

6月定例会は19の議案を可決し、閉会しました。