広島ニュース・報道

”アベノマスク”県内で発送開始

広島

新型コロナウイルスの感染防止対策で政府が全世帯に配る布マスクの配達が、県内で始まりました24日までに第1便として3万カ所に配布されます。

広島市内の郵便局では、朝から職員が布マスクの積み込みを行っていました。政府が配布する布マスクは2枚1組で、3密を避ける内容の知らせも入っています。23日は、広島中央郵便局の配達員8人が、中区の舟入地区や東区の戸坂地区に配達します。
【広島中央郵便局総務部 芝尾和明部長】「今か今かと待っているお客さまもいると思うが、間違いのないように早く正確にお届けしたい」
県内では、23日と24日の2日間で、約3万カ所に配布が行われます。その他の地域には、国からマスクが届き次第、順次配布されるということです。