広島ニュース・報道

広島中央署巨額盗難事件 死亡した元警部補の男をきょう書類送検

広島

広島中央署の金庫から巨額の現金が盗まれた事件で、警察は発覚後に死亡した元警部補の男をきょう書類送検することが捜査関係者への取材でわかりました。


2017年5月詐欺事件の証拠品として広島中央警察署の金庫に保管していた現金8572万円が盗まれているのが見つかりました。警察は内部犯行とみて捜査を進めてきましたが、発覚後に死亡した当時30代の元警部補の男が関与した疑いが強まったとして、窃盗などの容疑できょう書類送検することが捜査関係者への取材でわかりました。


男は現金を押収した詐欺事件を担当していて事情聴取では関与を否定していましたが、競馬などによる数千万円の借金を事件後に返済していたということです。