広島ニュース・報道

河井克行・案里議員を広島地検に刑事告発 運動員不当支払い疑惑など

広島

河井案里議員の事務所が運動員に不当な手当を支払っていたなどと報じられた問題で、市民グループが公職選挙法違反の疑いで広島地検に刑事告発しました。


告発したのは「『河井疑惑』をただす会」など県内の有権者76人です。2日午前、広島地検に告発状を提出しました。


告発状によると河井議員夫妻は共謀のうえ、7月の参議院選挙で運動員に日当の上限を超える3万円を支払ったほか、選挙管理委員会には1人1日、1万5千円を支払ったとする虚偽の記載をし提出した疑いがあるなどとしています。


「河井疑惑」をただす会は、「お2人は早くみんなの前に出てきて、真相を話してほしい。(地検は)私たちの訴えに基づいて法に基づいて厳正に調べて処理してほしい」と話しました。


河井案里議員の事務所は現在調査中としたうえで、「法令順守の方針のもと信頼できるスタッフにお願いしていた」と話しています。