HOME広島防災
ニュース・報道

来年開始プログラミング教育 小学生がマツダで学ぶ 広島

広島

来年から始まる小学校プログラミング教育。社会にどのように役立っているのかを学ぶため小学生がマツダを見学しました。

10日、広島市立 藤の木小学校の5年生42人がマツダ本社を訪れ、自動車の自動ブレーキ機能を見学してプログラミングの仕組みを学びました。
見学会はマツダや県などが小学生にプログラミングを体験してもらおうと始めた取り組みです。参加した児童たちは今後、ミニチュアの車を使って自分たちで自動ブレーキのプログラミングをする予定です。